にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ

2009年05月18日

5/18 Bill Frisell

前編

今、ちょっとしたイレギュラーな流れでもって一度部屋に戻ったので、今日のここまでの動きをブログに書いている次第です。

今日は、昨日から朝早くまでこのブログを書いていたので昼近くまで寝てました(途中一回ハウスキーピングに起こされた、ブー)。起きた後は、昨日ケビンさんがやたらヴィレッジ・バンガードに言及していたこともあって、ネットでヴィレッジ・バンガードとジャズ・スタンダードのイベントをチェックしました。昼過ぎにハウスキーピングの人に急かされながら部屋を出て、まずは近くのセントラルパークに行きました。出店で$2のホットドッグを食べた後、公園内を散歩しました。

セントラル・パークの出店.JPG

セントラルパークの風景を幾つか載せます。

セントラルパーク 4.JPG

セントラルパーク 5.JPG

セントラルパーク 6.JPG

セントラルパーク 8.JPG

セントラルパーク 10.JPG

セントラルパーク 9.JPG

今日は曇っていて綺麗に撮れないのは仕方ないとして、先日来再三シャッター・チャンスを逃しています。「綺麗に撮れてるやん」と言われるかもしれませんが、ほとんどの場合シャッターがすぐには切れないので何度もトライしながら時間をかけて撮っているのです。何度かに1回のシャッターを切れる回が気まぐれのように回ってくるのです。

すぐ上の写真の可愛いリスなんて、もっと近くでいいのが撮れてるはずなんです。ホントあったまに来ました、このポンコツカメラには。

イライラが募り、ここに来てついに決心しましたよ、新しいデジカメを買うことを。そこで昨日見つけたブロードウェイ沿いのカメラ屋に向かいましたが、途中これまた昨日見つけていたディスカウント系のエレクトロニクス・ショップに先に着いたので、ここで安いのを買うことにしました。税込みで$108でした。

そのお店(P.C.RICHARD & SON)の袋

電器屋の袋.JPG

買ったオリンパスのデジカメ

新しいデジカメ.JPG

充電しなければならないので部屋に戻ってきたというわけです。いま充電中で、充電がある程度できたら新しいカメラで撮り方の練習を少ししてからヴィレッジ・バンガードに向かおうと思います。ヴィレッジ・バンガードはダウンタウンにあるので行くのに少し時間がかかります。今日は2回目の演奏にしか間に合わないかもしれません。そうなると宿に戻るのは夜中の1時過ぎになりそうです。

ところで、現在この部屋けっこう寒いのですよ。ところがこのホテル、昨日のブログで書いたように冷房機と暖房機が分かれていて今は冷房機を使う季節になっているので暖房機は機能しないみたいなんですねえ、さっきやってみたけど。これは、けっこうな問題点ではないかと。今時エアコンを付けてないホテルって如何なものかと。・・・いま電話でフロントに訊いてみたら、しゃあしゃあと not working とのこと。ますます寒さが気になってきた。冬のように死ぬほど寒いというわけでもないけど、それなりに寒いのよ。まあ、用意してきた長袖でも着るしかないか。・・・どんなホテルよ?!

おっ、ランプが消えてるー、充電完了みたい。そろそろ出かけますか。


後編

今やっと帰ってきました。シャツも入れて4枚着込んでブロードウェイの下を走る地下鉄の1系に乗ってヴィレッジ・バンガードに行ってきました。14thストリートで降りればよいことだけは調べて知っていましたが、どこにあるのかさっぱりわからず、何人かの人に訊いてやっと知っている人がいて行くことができました。有名なジャズのライブハウスなのに、意外にみんな知らないのはイリディウムのときに経験済みでしたが、案の定みんな知らないものです。

さてほどなく店の前に着きましたので、とりあえず写真を何枚か撮りました。新しいデジカメでの本チャン撮影第一号です。

ヴィレッジ・バンガード 4.JPG

ヴィレッジ・バンガード 3.JPG

さて既に夜も更けて久しく、やはり1回目には間に合わなかったので2回目に入ることにした。夜の11時からである。料金はミュージック・フィーが$25と飲み食いが$10で合計$35である。店の人がノー・クレディットカードと言ったのが気に掛かったが、現金を$60ちょっとは持っていたので何とかなるかと思った。

しかし腹ごしらえに入ったすぐ隣のピザ屋もまたクレジットカードが使えないと来ている。夜なのであまりよくわからないが、明らかにアップタウンの街の様子とは違う。このあたりはまさにダウンタウン、東京で言えば下町といったところか。ややひなびた風情が漂っている。クレジット・カードが2軒続けて使えないのもそのあたりと関係があるのかもしれない。

まあ大丈夫かとは思ったが、どのみち帰りはラスベガスで一泊することになるのでその時のタクシー代などがかかる可能性もあり、トラベラーズ・チェックも既に無くなっているので、現金がほとんど無い状態では幾らなんでも覚束ないので現金を引き出そうと思った。店の人にシティーバンクのATMの場所を訊いたところ調べてくれて、4ブロック先のクリストファー通りを右に曲がったところにあるとのことで行ってみることにした。

シティーバンクのATMは確かにあったがドアに鍵が掛かっていたので、カードを差し込んでみたところ鍵が開いた。おっ、日本の私のカードでも大丈夫なんだと少し感動して中に入りATMを操作してみると日本語を選ぶことも出来て重宝した。一応$100念のために引き出しておいた($20札が5枚出てきた)。ちなみにドル口座からの引き出しなので為替は関係ない。こんなときのためにシティバンクの外貨専用カードを持ってきておいて良かった。

シティバンク 2.JPG

クリストファー通り界隈は、ジャズ・ライブの店や飲み屋がけっこう多くて面白そうなので暗いけど少し散策してみた。地下鉄のクリストファー通り駅は、今日乗ってきた地下鉄の14th street駅の次の駅で、ヴィレッジ・バンガードは両駅の中間くらいに位置しているようだ。帰りはクリストファー通りから帰ってみようかなと思った。

クリストファー通り界隈の風景 2.JPG

クリストファー通り界隈の風景 4.JPG

地下鉄クリストファー駅.JPG

さてさて、ひょんなことから見知らぬクリストファー通りとやらに何故かコミットしてしまった私ですが、もちろん本来の目的はヴィレッジ・バンガードなので、2回目のステージの時間に間に合うように戻りました。

ヴィレッジ・バンガードのホームページはこちら↓
http://www.villagevanguard.net/frames.htm

ヴィレッジ・バンガードと言えば、ジャズ・ピアニストの大西順子さんがプレーしたライブハウスですが、大西順子さんは一時消息不明状態でしたし今もどうされているのかよく知りません。私が知らないだけなのかもしれませんが、あれだけのテクニックを持った大西順子さんですら今やマイナーな世界で生きておられるのですから、ジャズにそもそもメジャーもへったくれもないのかもしれません。

ヴィレッジ・バンガードは、雰囲気のある赤いドアを入り階段を降りた地下にありました。100人程度が入れるくらいの比較的狭いライブハウスでしたが、まあライブハウスは普通そんなものでしょう。

ヴィレッジ・バンガード 7.JPG

ヴィレッジ・バンガード 9.JPG

ヴィレッジ・バンガード 11.JPG

ヴィレッジ・バンガード 12.JPG

眼鏡をかけた感じのいい女性の方(すぐ上の写真の白い服の方)が席に案内してくれました。誰か来たら相席でもいいかと訊かれたので「いいですよ」と答えました。しばらくすると日本人らしき男性が案内されて座り、「日本の方ですか」と訊かれたので、「そうです、良かった良かった」と答えました。

まだけっこうお若そうな海外赴任している日本企業の方でした。その方は、今日のビル・フリーセルの演奏が以前から割りと好きとのことでしたが、私の好みを見透かしたようにフリーセルのジャズは正統派のジャズではなくカントリーとかブルースを取り入れた音楽であると解説してくれました。演奏が始まると確かにそのとおりでした。

May 12 - May 17
BILL FRISELL TRIO
Tony Scherr-b, Kenny Wollesen-d

4曲目くらいにやっとフォービートの少し正統的なものもありましたが、総じて私が好むタイプのジャズではありませんでした。カントリーやブルースとクロスオーバーし何か前衛掛かった音楽でした。そんな音楽でも前のほうの席を見るとノリノリで首を振っている人も居たので、音楽の好みは人それぞれなんだなあとつくづく思いました。

日本人の方とは一応メールアドレスの交換をしました。その方いわく、ジャズ・スタンダードは食事がおいしいとのこと。もともと明日あたり行ってみようと思っていたのでちょうど良かったです。

帰りは、予定通りクリストファー通り駅から地下鉄に乗って戻りました。


posted by frugal gambler at 18:45| Comment(0) | Village Vanguard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

5/17 Bruce Barth

いやー、もう一度高波が来ましたー。そんな気がしていたけどー。今日もまた時系列順に行きましょうか。

夜中にお腹が痛くなって吐き気がして目が覚めて、こりゃあ起きてトイレにいったほうがいいと思い、トイレで吐く物は何もないけどゲーゲーやっていたら下痢に移行しそうだったので座ったら何とか出てくれて楽になってきた。そのまま寝たら朝まで大丈夫だったので良かった。経験上、ひどいときはもう1〜2度起きることになるからね。豚インフルエンザにでも感染したのかと心配したが、その後の経過を見る限り豚インフルエンザではなさそうだ。ただ、咳は少し出るので風邪には違いなさそうである。あと朝方、右足のふくらはぎが攣りそうになり「痛っ」と思わず大きな声を上げ今もやや痛みが残っていることを付記する。

今日は宿を移る日。ベストウエスタン・プレジデントホテルを昼にチェックアウト。やたらニューヨーク市の税金が何種類も掛かっていた。それは仕方ない。が、セイフティー・ボックスなんて一度も使ってないのに勝手に3日分4ドル50セント付いていた。額の問題じゃない。そういういい加減な請求に対してはノーと言わなければならない。すぐに4ドル50セントのマイナス請求を立てさせた。レジの女性はちょっと不満そうだったなあ。みんな快く支払っているんだろう。私は、こういう不条理な支払いはしない、断固拒否である。

そのあとスーツケースを転がしながら先日チェックしておいたグレート・アメリカン・ウォッシュとやらに洗濯をしに行った。ラスベガスでは1ドル25セントだった洗濯代が、ここでは2ドル25セントである。ニューヨークは何でも物価が高いぞ。そんな気がする。ちなみに乾燥機は25セントずつ入れるタイプだったので1ドルで乾かすことができてかえって安上がりだった。ともかく地元の人々が日々の生活の中で洗濯に来ているのにジョイントできて良かった。これぞ、私の旅行におけるテーマの一つ「非日常の中の日常性」である。

ランドリー.JPG

このランドリーショップの前を通る9th street は、今日は土曜日のせいか歩行者天国になっていた。たくさん出店が並んでいて喉が渇いたので洗濯している間に近くの出店でビールを一杯引っ掛けた。小腹もすいたのでジャンバラヤも同じ店で食べた。やたら辛くて、後で別の店でスイカのコップ盛りを食べた。全部ひっくるめて$12もかかった。そんなものかな。

歩行者天国 1.JPG

洗濯と乾燥を終え、ブロードウェイの下を走る地下鉄までしばらく歩いて地下に降りたところ、今日泊まる宿と反対側のダウンタウン行きの乗り場だった。そうか、地下鉄も右側通行なんだ。そこで黒人のごっつい駅員さんに訊いたところ一旦外に出て向こう側から入るよう指示された。さすがに改札通ってから向こう側には行けないのかと知り初(そ)めて、荷物は重いが仕方なく一旦外に出て反対側に移った。また別の黒人の駅員さんにこの前ニューヨークに初めて来たとき買った切符を見せて、まだ使えるかどうか訊いたところ1ドル払えば使えるとのこと、普通は2ドルのはずなのでラッキー、訊いてみるもんだねーと思いながら何でかよくわからないけど1ドル払って新しい切符をもらった。

着いたのがアッパー・ウエストの79th st 駅、こちらの宿はちょっと手違いで住所を控えてなかったので、何人かの人々に場所を訊いたが、みんな確かではないとか前置きをした上で自分がここだと思う場所をてんでバラバラに教えてくれるので、せっかく教えてくれているのに申し訳ないけど有難迷惑と言うか何と言うか、まあいい運動になった。やっと5人目くらいに知っている人が居て、やはり知っている人の反応は知らない人の反応と一線を画している。もっとも知っている人は、宿から50mくらいの距離に迫ってからだったので知っていて当然と言えるかもしれない。もちろん教えてくれたことに感謝しないわけではないが。まあ感じのいい人だったので感謝の言葉を丁寧に述べた。Thank you に very much を付けただけの話だが。

地下鉄79st駅.JPG

やっと宿に着いた。ま、ネットの写真は綺麗に見えるもの、予想通り実際はかなり古そうな建物だが周りの建物も重厚で古そうな建物ばかりである。ロビー、狭っ。やたら古そうなエレベーター、2階の部屋なので主に階段を使うことにしよう。廊下は木で出来ていてきしむ音がする。部屋は、天井が高く白壁に茶系でまとめられていて意外に気分がいいぞ。ただ机がないのでフロントで訊いてみると、机は広い部屋にしかないとのこと、この点は自分でもしっかり確認したという自信がなかったので我慢して一工夫することにした。勝手に部屋の模様替えである。低めの洋服棚を机代わりにして、荷物置きの表面が意外にソフトなので、荷物は2つあるベットのうちの1つに置くことにして、荷物置きを椅子として使うことにした。これで、足が中に入れられないことを除いてはほぼ満足できる状態になった。

パーク79ホテル概観.JPG

パーク79ホテル概観 2.JPG

パーク79ホテル・エントランス.JPG

パーク79ホテルフロント.JPG

パーク79ホテルロビー 2.JPG

パーク79ホテル・エレベーター.JPG

パーク79ホテル廊下.JPG

パーク79ホテル部屋 1.JPG

パーク79ホテル部屋 2.JPG

パーク79ホテル部屋 15.JPG

パーク79ホテル部屋 3.JPG

パーク79ホテル部屋 7.JPG

パーク79ホテル部屋 8.JPG

パーク79ホテル部屋模様替え.JPG

部屋の中にシャワールームあるじゃん。IACEトラベルさん、「バスルームはやはり共同でした」って済まなそうに言っていたけど、いい方向で間違ってるじゃん。いい方向の間違いならいつでも歓迎するよ。もっともかなり狭いバスルームではあるけどね。トイレの便器、小さっ。ま、用が足せればいいし。でもフロアには確かに共同のシャワールームがあるので、シャワールームのない部屋もあるということになるのかもしれない。そういう意味では運が良かったというべきか。ちなみにテレビはけっこう立派なのがあるが、あんまり見ないから関係ない。あとエアコンではなくてクーラーとヒーターが別々になっているが、今はクーラーオンリーでいい季節だから特に問題はない。この部屋の弱点は窓からの景色が壁ということで、そこは我慢するしかない。窓は無かったものと考えることにしよう。

パーク79ホテル部屋 13.JPG

パーク79ホテル部屋 14.JPG

パーク79ホテル部屋 10.JPG

パーク79ホテル部屋 12.JPG

パーク79ホテル部屋冷房機 2.JPG

パーク79ホテル部屋暖房機.JPG

パーク79ホテル部屋暖房機の正体.JPG

さて、部屋に関して一段落したので出かけることにした。目指すはかつて矢野沙織ちゃんもブロウしたジャズのライブハウスのスモークである。まず、わりと近い所に寿司屋があったので腹ごしらえすることにした。ミッドタウンの例のマレーシア人のキュートな女性のいたアオキという店と同じような内容のものを注文したが、白ワインは$15以上の食事で無料のハウスワインが付くのでアオキの半分の値段で済んだ。寿司も味噌汁も普通に美味しかったよ。日本人は居ないの?と店員さんに訊くと、もうすぐボスが来るがその人が日本人だとのこと、でもそれを待っていても仕方ないので店を後にし、スモーク目指してアッパーウエストの街並みを眺めながら歩き出した。ホテルから5分くらいの距離にある便利そうなファーマシーとランドリーを写真に撮ったので載せておく。

プラネット寿司 1.JPG

プラネット寿司 2.JPG

ファーマシー.JPG

ランドロマット 1.JPG

ランドロマット 2.JPG

アッパー・ウエストの街のたたずまいは、ミッドタウンの喧騒とは打って変わって閑静とまではいかないが落ち着いた雰囲気である。お店もいろいろあって便利そうだし、一戸建ての住宅地ではないが重厚な建物のマンション・アパート群で構成されたベッドタウンと言ってもいいだろう。こういう街なら住んでみたい気もするね。住むと言っても英語が堪能でないと楽しくないだろうけどね。

アッパーウエストの街並み 1.JPG

アッパーウエストの街並み 2.JPG

アッパーウエストの街並み 3.JPG

途中ふとある店の中を見ると美味しそうにカレーを食べていたので、上を見上げたらインド料理のお店だったので一応写真に撮った。

アッパーウエストのインド料理店.JPG

またカメラ屋さんがあったので、ポンコツデジカメを何とかしようと思ったが、やっぱり日本に帰ってからのほうが良さそうなので止めた。

アッパーウエストのカメラ屋.JPG

さて30分ほど歩いただろうか、通りの向こう側に突然スモークが目に飛び込んできた。まずは店の看板を写真に収めなければと近くに行き、なかなかいいデザインの店先を写真に撮った。デジカメの調子は相変わらず悪いが、時間をかければ何とか撮れている状態である。

スモーク 1.JPG

スモーク 2.JPG

スモーク 3.JPG

スモーク 4.JPG

店先に居る黒人の案内人の人に、今日のイベントの始まる時刻や料金を知っていたけど一応確認した上で入ることを告げた。中に入るとスモークは、思っていたよりもこじんまりとした店だった。テーブル席はまだガラガラだったけど、独りの客ということで既に混んでいるカウンター席に案内された。座った後、例によってサム・アダムスはあるかと訊くと、無いけれど似たようなラガービールがあるとのことで、値段も一番安く$6だったのでそれに決めた。そして、このラガービール3本が、ここで今日私が注文した全飲食物となった。もちろんライブ代金の$30があるからタックスとチップ込みで$60を支払ったけれど。

テーブル席(奥のステージが暗くて綺麗に写らなかった)

スモーク ・テーブル席.JPG

カウンター席

スモーク・カウンター席.JPG

このカウンター席に着いたのが楽しいことの始まりで、となりのケンタッキーからニューヨークまではるばるジャズを聴きに来ているケビンさんとライブが始まる前の1時間近く話しをすることができた。彼は、もう10回ほどスモークに来ているとのこと。昨日は、ビレッジ・バンガードに行ったとか。昨日まで私が泊まっていたあたりに今泊まっていることもわかった。彼は日本に何と40回くらい来ているとのことで、私はフォーティーンかフォーティーか聞き返したくらいである。そんなに来ているなら日本語ができるかもと思い訊いてみたが日本語はできないと笑っていた。大阪に主にビジネスで着ていたとのことであった。ケビンさんは沙織ちゃんのことは知らなかったけど22歳の若い女性のアルト・サキソフォンのプレイヤーでスモークでも演奏したことがあると紹介しておいた。ケビンさんとはメールアドレスを交換したので後日連絡を取るかもしれない。雰囲気のいい店だったこともあり、私はビールを飲む前からノリノリだったので、それはもうひどい英語なのだが何とか状況を利用しながら長時間会話ができた。

スモークのホームページはこちら↓
http://www.smokejazz.com/

featured artist
Bruce Barth Quartet
Dayna Stephens (tenor saxophone) • Bruce Barth (piano) •
Doug Weiss (bass) • Rudy Royston (drums)
$30 music charge / sets @ 8, 10, 11:30pm

ブルース・バースって名前は聞いたことあるような気がするけど、演奏はたぶん初めて聴くと思う。今日の演奏は私の好きなタイプのジャズであった。2日目のジミー・ヒースさんのときほど感動はしなかったけどけっこうノリノリで聴くことができた。こんなことを言っては失礼だが、テナーサックスはイマイチな感じがしたのでこの部分を沙織ちゃんに任せれば会場はさらに盛り上がっただろうと勝手に想像していた。

ビール3杯も飲んだので酔いを冷ましながら歩いて帰った。

posted by frugal gambler at 13:13| Comment(0) | Smoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。